ここにも、そこにも!身近なところにある酸化チタン

製品の性質をよくしています

酸化チタンとは?

金属酸化物

「金属酸化物とは何か?」というクエスチョンに対するアンサーを書いていこうとすると、理科が苦手だった人にはまさに意味不明な呪文のような記号が延々と並ぶことになりますから、ここではもう少し簡潔に説明しましょう。
ズバリいうなら、金属酸化物とは、もとの金属を酸化させることによって作り出された化合物。その金属の性質を受け継ぎつつ、新しく生まれた化学物質として、人の世のさまざまなところで活かされているものです。
「金属から生まれたスゴいやつ」というふうに、覚えておきましょう。
ところで、この文章のテーマは「酸化チタンとは?」ということになっていますから、当然、ここでは酸化チタンについて説明しなければならないわけですが、上に書いたことを当てはめるなら、酸化チタンとはチタンから作られた化合物。
「チタンから生まれたスゴいやつ」なのです。
チタンといえば、金属の中でも特に優れた性質を持つものとして知られていて、スペースシャトルの部品を作るために使われたり、ピアスに加工する金属として使われていたりします。
金属の中でも、人の体との親和性が高いものとして知られていて、金属アレルギーがある人でも安心してピアスファッションを楽しめるのです(みんながみんな楽しめるというわけではないので要注意ですが)。

身近なところに

そんな、ただでさえスゴい金属から生まれた「スゴいやつ」である酸化チタンですが、「酸化チタン」という名前だけではいったいどこに活かされているのか、実感としてわかりにくいという人もいるでしょう。
僕もそうでした。おそらく、誰もがそうなのです。そして、おそらく誰もがビックリしてしまうのです。僕もそうでした。なぜかというと、酸化チタンというのは実に、まわりを見回してみると、至るところに存在しているものだからです。
「スゴいやつ」といういいかたはダテではないのです、日々の食卓から夏の日のお散歩まで、僕たちが酸化チタンを見ない日は、実はないのです。

光を当てて

酸化チタンは「光触媒」としての顔を持っています。そのバツグンのコーティング力は、光触媒としての性質から来ているものなのです。「光のいいとこ取り」をしたい人は、要注目です。

安全な添加物

生活のさまざまな場に活かされている、酸化チタン。この物質は、地球上に存在する「添加剤」の中でも、安全性という点ではトップクラスに入るものとして知られています。「安全生活」を支えているのです。

太陽光発電との関係

酸化チタンの新しい可能性が、太陽光発電との関係を見ていく上で明らかになっていきます。光を受けて作用するその性質が、光によって発電するという太陽光発電を充実させてくれるのです。

Copyright © 2015 ここにも、そこにも!身近なところにある酸化チタン All Rights Reserved.